社長挨拶

代表取締役社長 酒井修

東スポの強みは「B級の底力」

弊社、東京スポーツ新聞社が発行する東京スポーツ=東スポは1960年の創刊以来、60年余、読者の皆様、関係者の皆様に支えられて成長してきました。紙面の略称では東スポのほか大スポ(大阪スポーツ)、中京スポ(中京スポーツ)、九スポ(九州スポーツ)と、地域の特性を生かしつつ、独自性、エンタメ性あふれる情報を提供し続けています。

皆様のご理解をいただきながら、最強コンテンツの一つである競馬や東スポ伝統のプロレス・格闘技はもちろん、野球、サッカー、芸能・社会…どれも他にはまねできないと自負する切り口、報道で高評価を得ております。紙面と並行して「東スポWeb」で配信されるニュースが大きな注目を集め、さらに最強の「東スポ競馬」がWebサイトで登場(2021年9月24日スタート)となりました。

「想像を超えた創造力で驚きと喜び、笑いと夢を生む進化型メディア」。これはいつの時代にも共通する東スポの使命です。まともに見えることが偽りだった。バカバカしく思えることが実は真実だった…。閉塞感が漂う今の世の中だからこそ、それを打ち破る驚き、喜び、笑いが必要です。

業界をリードする発想軍団、取材軍団、実行軍団が、一見バカバカしいと思えることにさえ真剣に取り組み、世の中を「アッ」と言わせ「ホッコリ」「ホッ」とさせる。そのためには独自の強力コンテンツ、デジタル部門にさらに磨きをかける。「今できること、やれる人」を増やし、変化を恐れず未来に向かう。何より東スポの強みは「B級の底力」。高級料理を凌駕するB級グルメにこそ、夢があるのです。

皆様のご支援、ご理解に重ねて深く感謝申し上げるとともに、今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。